デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

風俗嬢をその気にさせる前戯のポイント!

風俗で遊んでいて風俗嬢をその気にさせたいならば、前戯はとても大切です。前戯でしっかりと感じさせることができなければ、風俗嬢はあくまでもビジネスとしてプレイを続けるようになります。そこで、風俗嬢を本気にさせるための前戯のポイントについて解説しましょう。

流れを意識する

風俗嬢をその気にさせるには、一人の女性として風俗嬢を感じさせることが大切です。そのためには、彼女に対してと同様に流れを意識しながら前戯をすることが重要となります。

まず最初はいきなりエッチなプレイに入るのではなくスキンシップをするところから始めましょう。簡単にいえばイチャイチャすればよいのです。スキンシップによって、女性の気持ちを高めることができます。男性と比べて女性はその気になるまでに時間がかかるものです。少しずつ気持ちを高めてあげられるようにスキンシップを大事にしましょう。軽くボディタッチをしたり、抱き合ったりしながら、雰囲気を作っていきます。このときにキスをするのもよいでしょう。最初はフレンチキスから始めて、徐々にディープキスへと移行していきます。キスをすれば、女性はエッチなモードに頭を切り替えることができます。

キスによってお互いが盛り上がったならば、服を脱がしていきます。男性の方から風俗嬢の服を徐々に脱がしていくことをおすすめします。ただし、お店のジャンルやプレイ内容によっては、すでにシャワーを浴びて風俗嬢が全裸になっていることもあります。この場合は、いきなり愛撫から始めると良いです。

愛撫の際にはまずは胸を攻めていくとよいでしょう。その際には後ろから抱きしめるようにして、首筋や耳なども同時に攻めていくことをおすすめします。さまざまな刺激を与えることによって、風俗嬢は本気で感じてくれるようになるのです。どんどん興奮度が高まっていき、あなたにメロメロになっていくでしょう。

女性の息が激しくなってきたならば、下半身も攻めましょう。まずは太ももやお尻などを優しくフェザータッチしたり、時には激しく揉んでみたりしてください。そして、最終的には太ももから手マンへと移行していきます。

手マンも最初はやさしく攻めていき、徐々に激しくしていくと良いでしょう。ただし、乱暴なプレイは禁物です。あくまでも丁寧に扱うことを忘れないでください。

この後は、お店のジャンルにもよるのですが、フェラや素股などへ移行するのが一般的です。前戯をしっかりとしていたならば、風俗嬢はスイッチが入り、あなたに対して本気で攻めてくれるようになります。風俗嬢としてではなく、一人の女としてあなたに接するようになるでしょう。

女性を攻めるバリエーションを増やすと良い

風俗嬢を攻めるときには、単調なやり方では飽きられてしまいます。特に風俗嬢というのは、多くの男性を相手にしているため、普通のプレイでは全然感じてくれないことも多いです。そこで、攻め方のいろいろなバリエーションを身につけることをおすすめします。

たとえば、同じおっぱいを攻めるにしても、優しく触る、強く触る、なめる、噛むといったいろいろなバリエーションを考えることができます。これらのバリエーションをそれぞれ駆使することによって、風俗嬢を感じさせられるのです。

また、複数の攻め方を同時に取り入れることもおすすめします。たとえば、キスをしながら胸を攻める、手マンをしながら胸をなめるなどです。口と両手を常に動かすようにして、複数の部位を同時に攻めるようにしましょう。そうすれば、エッチなプレイに慣れている風俗嬢でも感じてくれるはずです。

テンポやリズムなども大事にしましょう。単調に触るのではなく緩急をつけるようにするのです。また、ときには焦らすことも大事です。焦らしを取り入れることによって、精神的に興奮させることができて、次のプレイの感じ方が変わります。

実際に風俗嬢と遊ぶまえにどのような攻め方をするのかシミュレーションをしておくと良いでしょう。そうすれば、本番でどのように攻めるべきか悩んでしまうのを避けられます。どうすればいいか迷ってしまうのは風俗嬢を一番萎えさせることです。止まってしまうぐらいならば、何でもいいので風俗嬢を攻め続けるべきです。

いくつものパターンを持っておくことで、風俗嬢を飽きさせずに感じさせることができるため、そうすればその気にさせることができるでしょう。風俗嬢とプレイする際の自分なりの武器を見つけてください。

この情報はどうでしたか?クリックをお願いします!
  • タメになった!! (1)
  • 参考にする予定 (0)
  • 普通だった (0)