プレイ時間が微妙に余った時の過ごし方:その②

前回はプレイに使わずゆったり余裕のある大人の態度がモテる!という事を書かせて頂きました。

今回は時間ギリギリまでイチャイチャしたいのが本音です!という方向けに、皆がどんなふうに過ごしているか見ていきましょう。

プレイをしてもOK

もう1回戦するほどの時間はないけど、もうちょっとだけしたいなぁ。そんな時はプレイをしても構いません。

ゆったり余裕を見せた方がモテると散々書いてきましたが、プレイをするとモテないという事ではありません。

もちろん、タイマーが鳴って急いでシャワーと着替えをしないといけない時にプレイを続けようとするのは嫌われますが、その前であればプレイ時間です。

ガッつくのは嫌われます。物凄くバタバタしないと終われないようなプレイはやめましょう。
イク事を目的とせず、イチャイチャの延長でいつでも止めれる。そういうプレイをすればよいのです。

「ヤらなきゃ損!」「お金払ってるんだからしろよ」そんな気持ちで接していると、言葉にはしなくても相手に伝わってしまいます。
こういう気持ちでされることは何をされても嫌です。

「時間まで、あとちょっとだけ、これしてもイイかな?」とお願いされれば嫌な気分にはなりません。
女の子に奉仕する時間に使ってももちをんOKですよ。

賢者タイムを隠すには添い寝

射精してがっつり賢者タイム突入~。しかし邪険にするとモテない。

そんな時は腕枕や風俗嬢を後ろから抱くようにまどろむのがおススメです。

これ、余計な会話も必要ないので、会話が苦手な人にも良い方法です。

この状態で眠そうにしてしまえばOK。邪険にはしてないし、休憩できるし、会話を楽しみたい人は会話も出来ます。

「気持ち良かった。ありがとう」と伝えると風俗嬢も嬉しい気持ちになりますね。

マッサージをしあう

これ、一方的にマッサージをお願いするのではなく、しあうという所がポイントです。
むしろ風俗嬢をマッサージしてあげる、でも良いかもしれません。

マッサージと聞くと背中や肩といった本格的なものを思い浮かべるかもしれません。もちろんそういうのもOKですが、マッサージに自信がないとか、くすぐったくて苦手な人もいます。

そんな時は手のマッサージでも良いのです。
短時間で出来るしすぐに覚えられるし、何より普段1番酷使している場所なのにマッサージされる機会は少ないのが手です。自分ではしにくいですしね。

手にはツボもたくさんあるので、肩こりに効くツボや目の疲れに効くツボなどを少し覚えていけば話題にも困りません。

仲良くなりたいならやっぱり雑談

他愛もない話が結局1番距離を縮めます。
会話が苦手な人もいるでしょう。しかしここはプレイ後です。風俗嬢のテクニックや自分の好きなポイントをきっちり押さえてくれてる時に褒めたりお礼を伝えると風俗嬢も笑顔になれます。

次はこんなプレイがしたいとか、風俗嬢の好きなプレイを聞いたりしていれば、また指名してくれるのかな?と嬉しくなります。

もうプレイをともにした2人なのですから、難しく考えなければ話題に困る事はありません。

この情報はどうでしたか?クリックをお願いします!
  • タメになった!! (3)
  • 参考にする予定 (0)
  • 普通だった (1)