乳首を攻められるのが大嫌い!という風俗嬢がいる事実

女性の性感帯として有名で、むしろ愛撫といえば乳首とクリ!という人も多いし、おっぱい星人な男性も多いですよね。

ですが、この乳首。実は舐められたり触られたりしても全く感じない・むしろイライラする・殺意すら湧く、という女性がいるのをご存知でしょうか。

強く揉まれても痛いだけ、つねったり甘噛みも痛いだけ!というのはだいぶ浸透してきましたが、気持ち良くないだけならまだしもイライラする・・・という女性に会ったことがある人は少数派かもしれません。

おっぱい星人の男性にとっては悲しき事実ですが、何で乳首が嫌いなのでしょうか。

乳首嫌いの事実その1:未開発

セックスを最初から気持ち良いと思わない人がいるのと一緒で、開発されてないだけという人もいます。

くすぐったい方が先で気持ち良いとは思わないという人もいます。

風俗嬢を処女の恋人のように優しく扱ってくれる男性は限りなく少ないので、普通よりエッチな事をする機会が多い風俗嬢であっても、開発されてない人はいます。
開発されてないのに乱暴にされ続けたら、トラウマのように嫌になる確率も高いです。

こういうタイプの風俗嬢は、雰囲気と優しさを大切にしてゆっくり開発していけると感じるようになるかもしれません。

乳首嫌いの事実その2:身体的理由

次に単純に何も感じないという人。これは開発すれば何とかなる人もいればどうしようもない人もいるでしょう。

脇腹をこしょぐられて何とも感じない人に、くすぐったいと感じさせることが不可能です。

不感症かと悩んでいる女性もいますが、クリトリスで感じたりできるのであれば不感症ではありません。

この場合は他の性感帯を聞いて気持ち良くさせるほうが近道です。

エッチな気分が高まってくれば少しは感じてくるようになる人もいます。

肌が弱いという人もいます。皮が剥けたり、ヒリヒリしたり。これもどうしようもないのでやめてあげてください。
身体的なものなので、本人の努力ではどうしようもありません。

乳首嫌いの事実その3:イライラする

最後にイライラする、殺意すら湧くという女性がいます。

感じるポイントは人それぞれです。男性だって乳首を嫌がる人もいればいじってないとイケないという人もいます。
女性だって感じる人もいればイライラする人がいて当然なのです。

イライラする多くは触り方が下手だったり雑だったりによるイライラですが、中には本人も何故だかわからないけどイライラする、という場合もあります。

乳首を気持ち良いと感じるのは愛情ホルモンであるオキシトシンの分泌にようるものと言われています。
その為、体調がすぐれない時や性的な気分が高まっていない時にイライラする事もありえます。

また、オーガズムを誘発させるのにも必要なオキシトシンですが、他者への攻撃性を強めるという研究結果もあります。

このように経験値や本人の性格に関係なく、どうしても乳首を攻められるのが嫌いという女性がいるのは当たり前の事なのです。

乳房を優しく揉まれて我慢が出来ないほどイライラするという人は少ないと思います。
おっぱい星人の男性は乳首は諦めて乳房で楽しみましょう。

乳首がきらいな女の子とプレイをする時は、乳首以外で楽しむ方法を探したほうが、お互い楽しくプレイ出来ます。

風俗嬢は仕事なのではっきり嫌だと言えません。女の子が嫌がっている風だったら、そういうプレイだと勘違いせずに、本当にやめてあげるのが正解です。

この情報はどうでしたか?クリックをお願いします!
  • タメになった!! (1)
  • 参考にする予定 (0)
  • 普通だった (0)