風俗嬢だって自分を認めてほしい

承認欲求って聞いた事ありますか?

承認欲求は自分を認めてほしいという欲求の事です。

風俗嬢は自分の仕事にプライドがある子が多いのですが、風俗産業はどうしても世間的には日陰の仕事です。気づかないうちに、周りの人間に隠すストレスや劣等感にさいなまれたりしてしまいます。

その上お客様の中にはどうしても心無い事を言う人がいます。仕事だと思って割り切っていても、心が弱い子だとそのままメンタルの調子を崩してしまう事もありえるのです。

なので、モテたければ女の子を認めてあげましょう!

具体的には女の子の会話に共感や理解を示したり、褒めてあげたりすればいいのです。

勿論、無理やりな共感はよくありません。
共感を示すのは「すごいわかる!」から「なんとなくわかる」までの間に留めておきましょう。

感覚は男女で違いますし、なんなら職種や年齢・世代の違いもあります。だから、全てに共感する必要はありません。全てに共感してしまえば逆に嘘っぽくなってしまい、色んな人間と接している風俗嬢なので、「あ、この人テキトーな事言ってる。」とすぐばれてしまいます。

共感が難しい場合は、その感情に理解を示してあげましょう。
例えば「その●●だったっていうのは経験がないからわからないけど、悲しかったっていう気持ちはすごく伝わったよ。とっても悲しかったんだね。」という具合です。感情の、特に喜怒哀楽は殆どの人間が体験する感情です。なので、その出来事に対する感情を理解してあげるのです。

そして、最後に褒めてあげましょう。
褒めるというのもどちらかというと「認める」に近いのですが、
辛い事だったら「頑張ったね。すごいんだね。」
悲しい事だったら「我慢してたんだね。我慢しすぎも良くないから、どこかで発散できるといいね。」
嬉しい事だったら「そんな嬉しい事があったなんて羨ましいなあ。」
楽しい事だったら「楽しそうにしてるところが可愛いね」
などと言った具合に「認める+褒める」という形で、風俗嬢の子を受け止めてください。

ある程度仲良くなってからのテクニックとなりますが、承認欲求が満たされるのは結構強い快感なので、是非試してみて下さい。

この情報はどうでしたか?クリックをお願いします!
  • タメになった!! (6)
  • 参考にする予定 (1)
  • 普通だった (0)